2010 Formula Challenge Japan Rd.2

予選 決勝 台数 天候 路面 サーキット
2010年05月22日 2010年05月23日 21 (予)晴、(決)曇 ドライ ツインリンクもてぎ

レースレポート

金曜日

ついにこの時がやってきました。これまで参戦してきたどの選手権よりもレベルが高く、随所でバトルが繰り広げられている屈指のステップアップカテゴリー、FCJ。すでに2回の合同テストを終えているとはいえ、自由な練習ができないFCJではマシンの習熟はまだ完璧とは言えません。しかしそれはルーキーDr.の全員が同じ条件、甘えられません。そのため、今日も精力的に走行を続けました。(といっても、このFCJではマシンのセッティングが制限されていて、ブレーキの前後バランスとタイヤの空気圧しか調整することが許されていません!)

走り始めにパンクを喫し出鼻を挫かれましたが、ニュータイヤでのタイムは4番手とまずまず。明日への期待が膨らむテストデイとなりました。

Rd.2予選

2010 FCJ Rd.2 01開幕戦の予選から10分間という短いインターバルを置き、すぐに第2戦の予選開始です。マシンのバランスは良かったためセッティングはキープしますが、先の反省からコースオープンと同時に走り出すことにしました。コース上で他車との間合いをうまく計り、すぐにアタックを始めます。

しかし、ライバル達が順調にタイムを上げていくなかで思ったようなグリップが得られず、タイムを上げていくことができません。なぜ・・・、苦しい状況です。ここで焦ったら終わりと自分に言い聞かせ、ドライビングの基本であるファストアウトを心がけます。ピットインして空気圧を調整する時間はありません。最後のラップで前を走るマシンに詰まってしまうまで、いや、詰まってしまってもひたすら攻め続けました。しかし、無念の13位。金曜日までと大きく異なるコンディションに空気圧のセッティングをはずしたことが敗因でした。

Rd.2決勝

2010 FCJ Rd.2 02今日のスタート時刻は早朝のため、朝4時半に起床し、ウォームアップを充分に行ないました。天候は曇りで、今にも降り出しそうな重い空です。

さあ、いよいよ決勝スタートの時間です。グリッドに着き、シグナルに合わせてクラッチをミート! しかし、正面の2台がエンジンストールし、回避のために加速が鈍る。行き場がなく、マシンが縁石をまたぎます。次の3コーナー、両側からレイトブレーキングの2台に挟まれますが、その2台が目の前でクラッシュ! 開幕戦とは打って変わって、いきなりの激しい展開です。

開幕戦の失敗を繰り返さぬよう、ギリギリまで間合いを詰めながら相手のミスを誘います。しかし、相手にミスがあれば自分もミスをするという一進一退の攻防。ところが、レース終盤にマシンが暴れ始めます。マシンの接地感がなく、攻め込めません。必死に前を追いますが、逆に背後に別のマシンが・・・。とにかくコーナーの立ち上がりを意識し、必死に耐える! 真後ろに2台を抑え、辛くもチェッカーを受けることができました。

レースを終えて

初戦ということで、学ぶことの多い週末でした。次戦は上位争いに食い込めるよう、各データを見直して挑みたいと思います。

応援、よろしくお願いいたします!


レースリザルト

決勝結果

Po.No.DriverLapsTimeGapBestTime
11中山 雄一1834'42.266 1'55.081
27平峰 一貴1834'53.29211.0261'55.466
320松井 孝允1834'53.9840.6921'55.347
419元嶋 佑弥1834'55.5971.6131'55.310
513朱 戴維1834'59.9144.1371'55.571
614大谷 飛雄1835'00.6430.7291'55.339
717石井 一也1835'03.7063.0631'55.670
84平川 亮1835'07.8144.1081'55.567
915白石 勇樹1835'11.9574.1431'56.266
1011立石 燎汰1835'13.9081.9511'55.882
1118中村 真志1835'14.0220.1141'55.799
1216仁木 圭之1835'17.8193.7971'56.430
1312高星 明誠1835'18.4930.6741'56.202
142野尻 智紀1835'18.7370.2441'55.421
1510勝田 貴元1835'29.3030.2441'55.421
169松崎 俊祐1835'30.8341.5311'56.558
1721近藤  翼1835'34.3914.0971'55.141
188山浦  啓1835'45.75510.8241'56.691
195小河 諒1835'55.5179.7621'57.927
***** 以上完走 (規定周回数 16Laps) *****
3朱 胡安35'48.3305'47.3321'57.196
6加賀美 綾佑失格
* Car No.2, 21 2010年 フォーミュラチャレンジ・ジャパン統一規則書 第27条 14.(反則スタート)により、ドライビングスルーペナルティを課した。(裁定時刻 8:34)
**Car No.6 2010年 フォーミュラチャレンジ・ジャパン統一規則書 第27条 4.(スタート手順)違反により、ドライビングスルーペナルティを課した。(裁定時刻 8:46)
2010年 フォーミュラチャレンジ・ジャパン統一規則書 第44条 7.(ペナルティボード無視)により、失格とした。(裁定時刻 9:03)

予選結果

Po.No.DriverTimeLapsGap
11中山 雄一1'54.8806/8
220松井 孝允1'55.1418/80.261
32野尻 智紀1'55.2298/80.088
47平峰 一貴1'55.4328/80.203
513朱 戴維1'55.4586/80.026
619元嶋 佑弥1'55.4948/80.036
717石井 一也1'55.6538/80.159
814大谷 飛雄1'55.6684/80.015
94平川  亮1'55.7928/80.124
1011立石 燎汰1'55.8358/80.043
1118中村 真志1'55.9478/80.112
1221近藤  翼1'56.0033/70.056
1316仁木 圭之1'56.0047/80.001
1412高星 明誠1'56.1525/80.148
1515白石 勇樹1'56.2508/80.098
163朱 胡安1'56.3878/80.137
179松崎 俊祐1'56.4048/80.017
186加賀美 綾佑1'56.5317/80.127
195小河  諒1'56.8148/80.283
208山浦  啓1'56.8498/80.035
2110勝田 貴元1'57.3587/80.035
  • KCのくるま取材 ちょっと変わった車の取材レポート!