2007 FJ1600筑波シリーズRd.3

予選 決勝 台数 天候 路面 サーキット
2007年06月24日 2007年06月24日 27台 ウェット 筑波サーキット

レースレポート

前回の情けないレースから1ヶ月が経ち、早くも折り返しとなる第3戦を迎えました。今回のレースは、自力チャンピオンへの望みが残るか消えるかの正念場です。

木曜日

が、そんなレースウィーク始まりの木曜日は、曇りから小雨が降るという中途半端な天気でした。前回のレース直後にエンジンをオーバーホールに出したため、今日の走行がシェイクダウンでした。デリバリー前にスロットル全開でナラシはしてあると思いますが、1本目の走行はどうしても控え目になってしまいます。

この日の走行で自己ベストをわずかに更新し、1分0秒03までタイムを延ばすことが出来ました。エンジンの仕上がりは非常によく、オーバーホールをお願いした関口カーズさんの腕と情熱には感謝×2です。

金曜日

金曜日は天気予報通りのウェット。しかも、量は多めでした。この日はウインズ勢が速く、自分もまだまだ筑波を攻め切れていないことを実感しました。以前は雨が得意だと言っていましたが、運転の基本操作がなっていないようです。それが今日のようにウェットだとごまかすことが出来ないので恥ずかしいです。

土曜日

土曜日はもともとテスト走行のためのフリー走行枠が無く、俺も予定を入れてしまいました。ところが1週間前ぐらいになって急に走行枠が追加され、他の用事で走れないことを悔やんでいました…。のはずが金曜日の夜に確認の電話を入れると、

「予定変更になりました」

と!!こりゃ走るっきゃねぇぜってことで、すぐにメンテナンスをお願いしているZAP SPEEDに連絡し、朝一で当日券を買って走りました。(加藤さんを始めとするメカニックさん、それから井川さんにもご迷惑おかけしました)

コンディションはちょっと熱すぎた(というか猛暑日!?)ものの、前回のレースでおろした程度の良いタイヤを使いました。結果、1分0秒1前後のタイムを連発することができ、明日の予選&決勝に良いイメージをつなげられました。

日曜日

日曜日、今日の天気予報は曇りのち雨…。夕方からの雨ということで心配です。が、その予報はピタリと当たってしまうことになります。

予選

2007 FJ1600筑波シリーズRd.3 01

前回の予選失敗を糧に、今回は開始直後から飛ばします。

「ん?グリップはなかなか良いぞ」

計測すぐに1分0秒までタイムをあげ、5周目ぐらいには待望の0分59秒台へ!!

「まだイケる!」

さらに百分の数秒タイムをつめる!前方に車が詰まったところですかさずクーリングを入れて、自分のポジションとタイム差を確認すると…。

「2位にコンマ4秒差かぁ、足りないなぁ」

開始直後からトップだということは分かっていましたが、思ったよりも自分のタイムが上がらないことに不満を感じていました。

誰もいないクリアな空間を見つけ、再度アタックをかける。再び59秒台を刻むものの、100分の1秒、いや1000分の数秒程度のタイムアップに留まりました。

2位とのタイム差は広げるどころか逆に詰められていて、コンマ3秒に減っていました。しかし残り時間とタイム差を考え、これ以上のプッシュは止めてタイヤを温存させることにしました。


決勝

2007 FJ1600筑波シリーズRd.3 02

その前に遂に雨粒が落ちてきて、コースはあっという間にウェットコンディションに変わりました。しかし雨脚は弱く、水が溜まる程ではありません。

雨用のシールドに替え、マシンに乗り込み、コースイン。後ろに30台弱のFJを従えてのフォーメーションラップを終え、目線はシグナルに固定。

大きな赤信号が少し長めに灯り、消灯するとともに各車が一斉に1コーナーへ!外から好スタートを決めたマシンが被せてくる!2台が並んだまま1コーナーから1ヘアを抜けるが、そのとき俺は苦しいアウト側のため、ここは一歩譲って順位を下げることに。

スタートも悪くなかったが、抜いていった中島選手からすると“ミス”。そして、ここで踏ん張らずに抜かれてしまったことがさらなる“ミス”。

立ち上げでペースの上がらない中島選手に詰まるように、密集した1列縦隊へと隊列が整う。前のマシンのインをうかがう光景があちこちで見られたはず。

あれは3周目だったか。中島選手が2ヘアでわずかにブレーキングミス!クロスラインの形ですかさずインを突き、裏ストレートの加速で引き離す。

トップに立ってからは、後ろとのマージンを稼ぐために猛プッシュ!ところがレースも残り半分というところで、中島選手を抜いた秦野選手が真後ろに…。

2007 FJ1600筑波シリーズRd.3 03

プレッシャーに耐えられたのは3~4周、残り周回数4分の1ぐらいで2ヘアから最終コーナーにかけて並ばれ、パッシングされました。インフィールドで少し近付くものの、最終と1コーナーで離される。そして、そのままペースの優る秦野選手に逃げ切りを許してしまう結果となりました。

自身初の筑波ポールポジション、ZAPとしても久しぶりのポールということで、期待が高まっていただけに…情けない結果が悔しいです。

レース後は気まずくて、なかなかピットへ戻れませんでしたが、とぼとぼ戻る途中でたくさんの方からアドバイスをいただきました。しかも、励ましや慰めの言葉は一斉無く、

「もっとしっかり走れ!」

という言葉のみ。自分がどれだけ幸せな環境で走れているのかを再認識しました。この気持ちをもっともっと強く意識して、翌週の茂木に望みます!!


レースリザルト

決勝結果

Pos No Name Lap TotalTime BestTime Type
1 83 秦野 耕太郎 18 20'23.458 1'06.883 オスカーSK96
2 56 仁木 圭之 18 20'25.922 1'07.245 オスカーSK96
3 82 吉川 英明 18 20'31.812 1'07.536 オスカーSK96
4 90 磯貝 尚緒 18 20'33.779 1'07.588 オスカーSK96
5 85 小山田 恭丈 18 20'33.924 1'07.473 オスカーSK96
6 84 阿知波 勉 18 20'34.565 1'07.179 オスカーSK96
7 91 ポチ 18 20'44.180 1'07.684 オスカーSK96
8 38 蔵野 智昭 18 20'45.226 1'07.558 オスカーSK02
9 81 金子 昌広 18 20'45.623 1'07.099 オスカーSK96
10 39 野間 一 18 20'49.566 1'07.279 オスカーSK02
11 88 杉岡 謙広 18 21'00.078 1'08.562 オスカーSK96
12 86 宮沢 孝由 18 21'06.219 1'09.297 オスカーFV95
13 18 岡野 陽朋 18 21'10.659 1'09.001 オスカーSK96
14 8 岡 速人 18 21'12.108 1'07.693 WEST 04J
15 12 安藤 純樹 18 21'13.715 1'08.423 オスカーSK91
16 66 横地 昌重 18 21'14.813 1'08.754 オスカーSK02
17 13 大畑 修視 18 21'15.249 1'07.913 R&D FV95
18 37 齋藤 善彦 18 21'15.785 1'08.891 R&D FV2K
19 2 西場 大祐 18 21'16.819 1'08.987 WEST 06J
20 20 一野 妙 18 21'26.285 1'09.555 マナティ
21 69 中條 暢彦 18 21'29.993 1'09.149 オスカーSK02
22 80 中島 大輔 17 20'08.699 1'08.790 オスカーSK96
23 50 西村 和則 17 20'28.859 1'08.286 R&D FV95
以上、完走 (16Laps)
7 中島 佑弥 11 12'55.690 1'07.876 R&D FV2K
16 中林 大輔 8 9'22.218 1'08.609 R&D FV2K
89 藤井 啓介 8 9'22.218 1'08.576 オスカーSK96
92 稲富 圭 0 オスカーSK96

予選結果

Pos No Name Time Lap Type
1 56 仁木 圭之 59.874 10/15 オスカーSK96
2 86 宮沢 孝由 1'00.045 9/20 オスカーFV95
3 83 秦野 耕太郎 1'00.155 12/18 オスカーSK96
4 7 中島 佑弥 1'00.184 7/18 R&D FV2K
5 82 吉川 英明 1'00.192 6/18 オスカーSK96
6 39 野間 一 1'00.202 11/20 オスカーSK02
7 90 磯貝 尚緒 1'00.341 7/18 オスカーSK96
8 91 ポチ 1'00.547 17/18 オスカーSK96
9 84 阿知波 勉 1'00.630 10/20 オスカーSK96
10 85 小山田 恭丈 1'00.637 10/18 オスカーSK96
11 92 稲富 圭 1'00.687 16/18 オスカーSK96
12 13 大畑 修視 1'00.712 12/19 R&D FV95
13 89 藤井 啓介 1'00.728 18/19 オスカーSK96
14 16 中林 大輔 1'00.735 19/19 R&D FV2K
15 50 西村 和則 1'00.746 17/19 R&D FV95
16 38 蔵野 智昭 1'00.751 12/19 オスカーSK02
17 81 金子 昌広 1'00.752 9/20 オスカーSK96
18 8 岡 速人 1'00.756 14/19 WEST 04J
19 80 中島 大輔 1'00.779 17/17 オスカーSK96
20 37 齋藤 善彦 1'00.805 12/19 R&D FV2K
21 12 安藤 純樹 1'00.879 19/19 オスカーSK91
22 2 西場 大祐 1'00.889 11/19 WEST 06J
23 69 中條 暢彦 1'00.978 17/19 オスカーSK02
24 88 杉岡 謙広 1'01.339 7/19 オスカーSK96
25 66 横地 昌重 1'01.757 11/19 オスカーSK02
26 18 岡野 陽朋 1'02.229 10/18 オスカーSK96
27 20 一野 妙 1'02.466 7/18 マナティ
以上、予選通過 (1'18.032 - 130% )
  • KCのくるま取材 ちょっと変わった車の取材レポート!