2006 FJ1600富士シリーズRd.1

予選 決勝 台数 天候 路面 サーキット
2006年04月08日 2006年04月09日 23台 晴れ ドライ 富士スピードウェイ

レースレポート

金曜日~練習日

今日は練習日。レース前の最終調整を含め、テンションを上げる日です(笑)天気は絶好調の快晴ですが、ホームストレートを強めの追い風が吹いていました。予選・決勝ともにグリップの良いニュータイヤを使うので、その感触に慣れるために残り山の多いタイヤを使いました。今までのベストラップが 1’56.7 とトップクラスから約3秒遅れているので、これを縮めて自分のイメージする走りに近づけていくことを課題としました。

タイヤが良いためか1本目から 56.2 を出し、2本目、3本目と走行するにつれて少しずつタイムを更新していきました。最後の4本目で 55.7 に達することが出来ましたが、ホームストレートでの追い風と前を走る車のスリップストリームによるところが大きかったと思われ、いまいち満足いきませんでした。高速コーナーの100Rではかなりのアンダーステアが感じられラインを変えるなどしてみたのですが、結局最後まで攻め切ることが出来ませんでした。

土曜日~予選

2006 FJ1600富士シリーズRd.1 01

今回のレースは2day方式のため、今日は予選の日です。予選の前にはフリー走行を1本走れるので、1day方式よりは気を楽に予選に挑めました。午前のフリー走行の時に金曜日とほぼ同じタイムを出すことが出来たので、予選ではさらにタイムアップを狙えました。

フリー走行を終えてメディカルチェックに向かったのですが、その頃から雨がポツリポツリと降ってきて、車検&装備品チェックのときには雹まじりの強い雨となりました。監督に言われるままに慌ててレインタイヤを用意し、予選が雨になることを想定しました。しかし、昼飯を食べている頃から天気が良くなり、気がつけば暑いぐらいの陽射しでした。結局路面は乾ききり、スリックタイヤを装着しての予選となりました。

集中力を高めて身体のウォームアップを行い、マシンに乗り込み、ブルーシグナルで全車コースイン!数周の間、トップクラスの後ろで走ることが出来たのですが、前を走る車のタイムが伸びないためにつられて引き離されていきました。なかなか追い越すことが出来ず、このままではマズイと思い1周スロー走行しました。スロー走行後にスリップが使えそうな相手を探したのですが結局うまく行かず、単独走行中に出した 1’55.026 がベストタイムでした。

全体から見ると 1’53.880 を出した後藤選手がトップタイム、俺は10位と伸びませんでした。


日曜日~決勝

サーキットに向かうのが少し遅くなったため、心配したのですが…。ZAPの方々は余裕なのか、しばらく待っても来なかったので俺らドライバーはブリーフィングに向かいました。ブリーフィングを終えた頃からどんどん緊張してきて、居ても立ってもいられなくなったのでウォームアップがてらちょっと走ってきました。帰ってくると、監督を囲んでミーティングの真っ最中!慌てて参加して監督から助言をいただき、集中力を高めてレースに備えました。

そしてふと周りを見てみれば…。観に来てくれた応援者の方がちらほら。親戚の方数名と、友人や知人が数名、あわせて10人以上!感激です!

そして、いよいよ「お時間です」の放送を聞きながらコースイン。グリッドには俺がZAPに入った頃からの先輩レーサーが待っていてくれました。

2006 FJ1600富士シリーズRd.1 02

メカニックの方々に頭を叩かれながらスタート3分前の合図を聞き、フォーメーションラップがスタート!フォーメーション中にはウェービングといわれる蛇行運転や急加速、急減速を繰り返すことで、タイヤとブレーキの温度をあげてスタートに備えます。数台前を走る車が2度ほどエンジンストールしていたのでかなりもどかしかったと記憶しています。フォーメーション中に隊列を乱さない程度でスタート練習をするのは分かりますが、その際にエンストしてしまうのは…。最後尾グリッドにまわっても仕方ないと思うのですが。

後ろのグリーンフラッグを確認すると、レッドシグナルが1個づつ点灯していき、5個点灯してついにブラックアウトでスタート!まずまずのミスのないスタートを決め、1コーナーへ跳び込みました。その時に前のほうで詰まっていた車両を2台ほど交わしたのですが、立ち上がる時にインベタのラインを強いられたため、次のコーナーまでで数台に抜き返されてしまいました。多分この時点で13位前後を走っていたと思いますが、ダンロップシケインへのブレーキングで取り戻し、10位に戻って1周目を終えました。

2周目に入る頃に9位のマシンとは2~3秒の差ができてしまっていたので、これを詰めるのに7周目までかかってしまいました。8周目からいよいよ抜きにかかったのですが…。これが今後の大きな課題になるのですが、俺は抜き方が下手です。1周のうちに2~3回順位が入れ替わり、気がつけば7位争いをしていました。しかし、いつまでも争いを続けてしまったために後続の2台が迫ってきました。11周目にはヘアピンコーナーでミスした相手をうまく交わせずに両者とも失速してしまい、後ろの2台に抜かれてしまいました。慌てて抜き返そうとしましたが、直前の1台をパスするのが精いっぱいでチェッカーフラッグを受けました。レースが終わって車両保管所へ車を移動し、暫定の結果を確認しました。

2006 FJ1600富士シリーズRd.1 03

終わった後の初めの感想は「楽しい!!」です。

こんなに楽しくて興奮した体験は今までになかったと思います。しかし、だんだん落ち着いてくるにつれて悔しいと思い始め、頭の中で「…たら、…れば」の反省が始まりました。そしてさらに時間が経つと、今回学んだことを次に生かしたくて、レースが待ち遠しくなりました。このイメージを、しっかりと頭に焼き付けて次のレースに臨めば、必ずよい結果をえられると信じています!

最後に、いつも応援してくれているみんなに感謝しつつ、次回はより良い結果を届けられるよう誓います!今後も仁木圭之をよろしくお願いします!


レースリザルト

決勝結果

Pos No Name Type Lap Total Time Best Time Lap
1 72 河津 光晴 SK-96 12 23'03.846 1'54.196 7
2 6 後藤 優太郎 SK96 12 23'04.570 1'54.716 9
3 66 藤田 祐貴 SK-02 12 23'04.610 1'54.234 8
4 69 伊藤 聡 SK02 12 23'05.945 1'54.532 5
5 10 渡部 武典 SK96 12 23'07.857 1'54.765 12
6 11 岸 良一 SK02 12 23'14.494 1'55.159 8
7 16 シャア・タケガハラ マキシム309 12 23'25.156 1'55.351 11
8 73 大岩 政裕 SK-96 12 23'25.168 1'55.560 4
9 15 仁木 圭之 SK96 12 23'26.478 1'55.132 7
10 7 野村 大樹 WEST04J 12 23'27.376 1'55.496 5
11 94 藤原 大樹 SK94 12 23'28.932 1'54.043 5
12 64 前田 剛秀 マナティMkIX 12 23'32.662 1'56.024 7
13 56 初又 美由紀 SK96 12 23'35.207 1'56.202 12
14 13 大畑 修視 FV95 12 23'42.892 1'56.242 10
15 37 勝又 睦至 FV95 12 23'42.895 1'55.640 10
16 23 柴山 俊哉 MF105 12 23'44.114 1'57.013 12
17 61 寺島 純 FV98 12 23'55.695 1'56.495 4
18 8 中嶋 香子 FV95 12 24'05.141 1'57.294 10
19 12 桑原 耕平 マキシム309 12 24'14.564 1'56.921 11
20 27 小嶋 雅也 SK02 12 24'21.260 2'00.113 4
21 5 前田 和男 SK96 12 24'40.237 1'58.411 4
***** 以上完走 (10Laps ) *****
14 井川 高博 SK96 7 13'29.726 1'53.835 5

予選結果

Pos No Name Type Best Time Lap Ave. km/h
1 6 後藤 優太郎 SK96 1'53.880 11 144.247
2 14 井川 高博 SK96 1'54.039 11 144.045
3 66 藤田 祐貴 SK-02 1'54.219 11 143.818
4 94 藤原 大樹 SK94 1'54.507 11 143.457
5 72 河津 光晴 SK-96 1'54.526 10 143.433
6 69 伊藤 聡 SK02 1'54.643 10 143.287
7 61 寺島 純 FV98 1'54.966 10 142.884
8 10 渡部 武典 SK96 1'54.970 11 142.879
9 56 初又 美由紀 SK96 1'55.019 10 142.818
10 15 仁木 圭之 SK96 1'55.028 10 142.807
11 11 岸 良一 SK02 1'55.287 11 142.486
12 16 シャア・タケガハラ マキシム309 1'55.720 10 141.953
13 73 大岩 政裕 SK-96 1'55.802 10 141.852
14 7 野村 大樹 WEST04J 1'56.023 10 141.582
15 13 大畑 修視 FV95 1'56.094 10 141.496
16 23 柴山 俊哉 MF105 1'56.150 10 141.427
17 37 勝又 睦至 FV95 1'56.205 11 141.361
18 64 前田 剛秀 マナティMkIX 1'56.562 10 140.928
19 8 中嶋 香子 FV95 1'56.842 10 140.590
20 12 桑原 耕平 マキシム309 1'57.447 10 139.866
21 5 前田 和男 SK96 1'59.200 10 137.809
22 27 小嶋 雅也 SK02 1'59.620 10 137.325
***** 以上予選通過 (2'28.259 - 130% ) *****
41 山本 学 マキシム309 0
  • KCのくるま取材 ちょっと変わった車の取材レポート!